TOP▲

やけどケア.jp > やけど治療体験談 > やけど跡と戦う日々

やけど治療体験談|ビタミンCローション|シリコンジェルシート|効果



やけど跡のケア やけどの治療体験談 やけどの写真 湿潤療法 やけどの応急処置 やけどの深さ やけどの面積 やけどの重症度


体験談1ページ 体験談2ページ 体験談3ページ 写真1 写真2 写真3 写真4

やけど跡と戦う日々

ひどいやけど跡が残りました。


色は茶色く。
もっと見る


肥厚性瘢痕も。
もっと見る

2週間で上皮化した部分と、3週間で上皮化した部分があったのですが、 2週間で上皮化したやけど跡の部分に、一度だけ水ぶくれができてしまいました。 原因はわかりません。

水ぶくれが自然に破けたあと、湿潤療法を再開。 色々調べた結果、今回は、ビタミンCローションをつけた後に、 ラップをはる方法をとりました。

ビタミンCには、創傷の修復促進作用、シミや色素沈着を薄くする美白効果があるため、 ビタミンCの接種により、やけど跡や傷跡、ニキビ跡を早くキレイに修復することができると言われています。

そして、1週間で上皮化しましたが、 やけど跡は、水ぶくれができたところだけ、 どす黒い色になりました。

(やけどをしてから、トータルで治療に1ヶ月かかりました)

それ以外の部分はと言うと、色素脱失し、痛々しいやけど跡が残りました。 また、くるぶしの部分のやけど跡は、やけどから1~2ヶ月経過したころに、 盛り上がってしまいました。

深達性2度のやけどの写真
深達性2度と浅達性2度のやけどの写真
深達性2度と浅達性2度のやけどの写真
深達性2度のやけどの写真

盛り上がったやけど跡には圧迫固定法

盛り上がったやけど跡には、圧迫固定法を。

圧迫固定法は、肥厚性瘢痕の治療方法の一つです。


シリコンジェルシート


肥厚性瘢痕。


平らになりました

実は、B総合病院には、上皮化した時点で、 これで治療はすべて終わりです、もう通院していただく必要はありません、 と言われ、その後、どうしたらよいのかわからなくなっていました。

確かに皮ははったけれど、このやけど跡はどうしたらいいの? 知識のない私にできることは、インターネットで調べることだけでした。

まず、最初にわかったのは、盛り上がりには圧迫がよいとのこと。 そこで、ラップを重ねてシート状のものを作り、テープで止めることにしました。

でも、すぐに剥がれてしまうことと、あまり効果が出ないので、 圧迫固定法用のシリコンジェルシートを購入しました。

これは、すごい効果的で、数日貼り続けただけで、 盛り上がってしまったやけど跡が、かなり平らになりました。

ケロイドや盛り上がりにはシリコンジェルシート

やけど跡のケロイド予防にヒルドイド

やけど跡がケロイドにならないようにヒルドイドを。


ヒルドイドソフト

湿潤療法をされた方の中に、上皮化後、ケロイド予防のため、 「ヒルドイド」という薬を塗っている方がいました。 その方は、湿潤療法を受けた病院から、ヒルドイドを出してもらっていたので、

KOTOも塗ったほうがよいのでは?と思い、さらに調べてみると、 皮膚科や形成外科でもらえそうだとわかりました。

インターネットでクチコミを読んで、評判の良かったC形成外科に行くと、 ヒルドイドをくださいとお願いしたわけではないのですが、 先生は、診察中に「ヒルドイドソフトという薬だ出します」と言ってくれました。 やけど跡の治療に、ヒルドイドは一般的なのではないかと思います。

次は、1ヶ月後に来てくださいと言われ、 その後は、2ヶ月後に来てくださいと言われました。

診察内容は、やけど跡を見るだけで、 あとは、ヒルドイドソフトをいただいて帰るだけですが、

先生は、表情を変えることもなく、はきはきと、 「ここの部分はもっと目立たなくなるよ」と、 いつも前向きな言葉をかけてくださいます。

現在のやけど跡

やけど跡は、少しずつ薄くなってきています。

今は、やけど跡を、少しでも早く、もっともっと薄くするために、 できることはないのか、考える毎日です。

シリコンジェルシートを貼ったおかげで平らになったやけど跡は、 肌の色の違いが目につきます・・・。

やけど跡を早くキレイに修復するのに、ビタミンCが効果的だと知り、 湿潤療法中にもビタミンCローションを使用していましたが、 改めて、C形成外科に、ビタミンCの化粧水などを使うのはどうでしょうか?と確認した上で、現在は、ビタミンCローション&クリームを朝晩に塗っています。


ビタミンCローション

また、C形成外科でいただいているヒルドイドを朝晩1回ずつと、 日中に1~2回塗っています。

そのお陰かどうかわかりませんが、色素脱失したやけど跡は、 少しづつ、少しづつ、ゆっくりと肌色に近づいてきて、 どす黒くなったやけど跡には、ところどころ、 色素脱失した部分に近い肌色が現れ始めました。


深達性2度のやけど


茶色くなりました。


受傷後208日目。


受傷後450日目。

C形成外科に、前回、診てもらったときは、 「浅かった部分(色素脱失したところ)は、もっと目立たなくなるよ。 でも、深かったところ(どす黒いところ)は、年単位で見ていかないとね」 と言われました。

でも、その診察の後、どす黒いやけど跡に、肌色に近い色がポツっと現れ、 それ以後、肌色に近い色の面積がどんどん広くなって来ているんです。

ひょっとしたら、先生の予想より、 もっと早く薄くなるのではないかと期待しています。 というより、そうなることを心から祈っています。

やけど治療まと

体験談1ページ 体験談2ページ 体験談3ページ 写真1 写真2 写真3 写真4


▼やけど治療まとめ(KOTOの場合)

①湿潤療法で治療しました。
湿潤療法とは。 湿潤療法の手順、被覆材。病院。


②ビタミンCローションを、朝晩1回ずつ塗っています。
少しでも火傷跡を薄くするために。 ビタミンCの効果とは。KOTOが使用中のビタミンCローション。


③シリコンジェルシートを、盛り上がった部分につけていました。
シリコンジェルシートとは。 KOTOが使用したシリコンジェルシート。


④ヒルドイドソフトを、朝晩1回ずつと、日中に1~2回塗っていました。
ヒルドイドソフトとは。


   

やけど治療経過 写真はこちら



Copyright(c) since 2009 やけどケア.jp All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com