TOP▲

やけどケア.jp > やけどの重症度の評価方法

やけどの重症度の評価方法



やけど跡のケア やけどの治療体験談 やけどの写真 湿潤療法 やけどの応急処置 やけどの深さ やけどの面積 やけどの重症度


やけどの重症度の評価方法

やけどの深さと面積が重症度に深く影響を与えます。

やけどの重症度に深く影響を与えるのは、やけどの深さと面積ですが、 他にも、年齢、気道熱傷や一酸化炭素中毒の有無、心疾患、糖尿病、 腎障害、肝疾患などの基礎疾患の有無などがあります。

下の表は、やけどの重症度の目安です。

重症度 Ⅱ度の場合 Ⅲ度の場合
軽度熱傷 10%以下 20%以下
中程度熱傷 10%~30% 2%~10%
重症熱傷 30%以上 10%以上

※これ以下でも、顔面、手足、外陰部、気道の熱傷があるとき、 軟部組織の損傷や骨折などの合併症があるときは重症熱傷とする。 小児や高齢者の場合は、受傷面積が少なくても重症と考える。

やけど治療まとめ(KOTOの場合)



Copyright(c) since 2009 やけどケア.jp All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com