やけどケア.jp > やけどの深さ(Ⅰ度・Ⅱ度・Ⅲ度)(1度・2度・3度)

やけどの深さの評価方法



やけど跡のケア やけどの治療体験談 やけどの写真 湿潤療法 やけどの応急処置 やけどの深さ やけどの面積 やけどの重症度


やけどの深さの評価方法

やけどの深さは、Ⅰ度からⅢ度に分けられています。

やけどの深さは、どのくらいの熱さのものが、どの程度の時間 接触していたかで決まります。

  火傷の深さ やけど跡 治療期間の目安
Ⅰ度熱傷 表皮 一時的 1~2週間
浅達性Ⅱ度熱傷
(SDB)
表皮から真皮(浅い) 色素沈着 1~2週間
深達性Ⅱ度熱傷
(DDB)
表皮から真皮(深い) 軽度の瘢痕 1~2ヶ月
Ⅲ度熱傷 表皮から皮下組織 瘢痕、ケロイドなど 2ヶ月以上

Ⅰ度熱傷(1度熱傷)

1.表皮のみの損傷です。(日焼けは1度熱傷です。)
2.ヒリヒリして赤くなります。
3.一時的に色素沈着がありますが、数日で自然に治り、やけど跡は残りません。

浅達性Ⅱ度熱傷[SDB](浅達性2度熱傷)

1.表皮基底層(真皮上層)までの損傷です。
2.痛みが強く、赤くなり、水ぶくれができます
3.上皮化後に、色素沈着などが起きますが、やけど跡はあまり残りません。
 ただし、やけど後のケアによっては、やけど跡が残ることがあります。

浅達性2度のやけどの写真1
浅達性2度のやけどの写真2

深達性Ⅱ度熱傷[DDB](深達性2度熱傷)

1.真皮深層までの損傷です。
2.赤く腫れ、水ぶくれなどが起きますが、 痛みは軽度で、水ぶくれの下の皮膚が白くなっています
3.上皮後に瘢痕が残りやすいです。

深達性2度のやけどの写真1
深達性2度のやけどの写真2

Ⅲ度熱傷(3度熱傷)

1.皮膚全層の損傷です。
2.痛覚が失われて痛みはなく、肌の表面は壊死していることもあります。
 創面は白く乾燥し、水ぶくれはできません
3.やけど跡ははっきりと残り、盛り上がったり、ケロイド状に残ることもあります
 皮膚が引っ張られる感覚や、機能障害が起こる場合もあります。


深達性2度のやけど跡 経過報告

やけどの深さの判断は、早期では難しいことが多い

やけどの深さは、受傷後2日から2週間くらいではっきりします。

KOTOの場合は、午前中にやけどをし、すぐに病院に行きましたが、 そのときには、ほとんどの場所が深達性2度熱傷で、 一部に3度熱傷があり、植皮が必要かもしれないと言われました。

ただし、やけどの深さはすぐには判断できないので、 明日になったら変わっているかもしれないし、あさっての 判断もまた変わってくるかもしれないとのことでした。

その日の夕方、別の病院で診てもらったときには、 ほとんどの場所が浅達性2度熱傷で、一部深達性2度熱傷があり、 植皮は必要ないと言われました。翌日の診察でも同様の判断でした。

深達性2度以上のやけどで皮膚移植が必要と言われたら・・・

深達性2度熱傷以上の火傷は、植皮が必要と判断されることがありますが、 もし、その医師が従来の方法で治療している医師なら、 一度、湿潤療法をしている医師にも診ていただくと良いかもしれません。

従来の治療法では植皮が必要と判断される場合でも、 湿潤療法をしている医師なら、植皮をしないで治療を続けてくれることがあるようです。



Copyright(c) since 2009 やけどケア.jp All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com